一橋大学 商学部・大学院経営管理研究所 データ・デザイン研究センター

Hitotsubashi University Data Design Research Center

NEWS

2020年7月3日
新しい研究者、新しい研究テーマが合流・追加されました。
2020年4月30日
「デザイン思考・デザイン経営」に関するビジネスパーソン調査を実施しました。
2020年4月24日
第1回の研究ミーティングを開催しました。
2020年3月1日
千代田キャンパス内に「 データ・デザイン研究センター 」研究室を設置しました。
2020年1月6日
一橋大学データ・デザイン研究センター設立のプレスリリースをしました。

what's we are センター趣旨

AIやIoTといった新たな技術の発展に伴い、これからの経営人材にも新たなニーズが生まれています。「新しい時代に新たな価値を創造できる起業家」の育成を行い、「新領域での研究」を推進することが今後はより求められていきます。一橋大学には、これまでに集積してきた「デザイン思考,デザイン経営」と「ビッグデータ,ソーシャルデータ等の情報学」の知見があります。同センターの活動を通じて、これらの視点を組み合わせ、デザイン・イノベーションの創出を目指します。

一橋大学では、2021年度から「データ・サイエンス」を含む情報学や「デザイン思考,デザイン経営」の視点を組み合わせた学部横断型の教育プログラム(データ・デザイン・プログラム)をスタートさせるべく、準備を進めています。そうした社会の改善に寄与する教育プログラムの開発のほか、「デザイン経営の標準KPI策定」や「プラットフォーマー企業」に関する研究を担う、学部・研究科横断的な組織がこのセンターです。

collaborators メンバー企業

  • ソニー クリエイティブセンター SONY
  • パナソニック デザイン本部 Panasonic

researchers 参加研究者(学術)

鷲田祐一
(センター長:経営管理研究科教授:イノベーション研究・デザイン経営)
島貫智行
(副センター長:経営管理研究科教授:経営組織論・人材管理)
七丈直弘
(経営管理研究科教授:情報学・工学)
宮川大介
(経営管理研究科准教授:計量経済学・データサイエンス)
横内大介
(経営管理研究科准教授:ビッグデータ時系列分析)
吉岡(小林)徹
(経営管理研究科イノベーション研究センター講師:知財戦略)
永井一史
(多摩美術大学総合デザイン学科教授・株式会社HAKUHODO DESIGN代表取締役社長:デザイン学)
尾田基
(國學院大學経済学部経営学科准教授:プラットフォーマー経営)
古江奈々美
(東京理科大学経営学部助教:イノベーション研究・デザインリサーチ)
毛鋭
(大学院経営管理研究科後期博士課程:デザイン経営)

theme 研究テーマ

データ・デザイン研究デンターでは、以下の2つのテーマについて重点的に研究を進める方針です。

テーマ1:
「デザイン経営の標準KPI策定」研究
360度ステークホルダー調査をベースにしたデザイン組織のKPI測定方法の標準化とその実効性の検証をする。
また、公共セクタでのデザイン関連業務の実態把握とその社会課題解決に関する研究を推進する。(科研費基盤B課題番号20H04471)
テーマ2:
「プラットフォーマー企業」研究
GAFA、およびアリババ、テンセント、ファーウェイなどの経営実態について、多角的に検証(財務特性、人事特性、戦略特性など)し、日本企業への適用方法を検討する。欧州GDPRの今後の方向性、および各国規制当局の動向を洞察・検討する。「情報経済」のマクロ理論の再検証を進める。

2か月に1回程度のペースで、本学千代田キャンパス(東京都千代田区一ツ橋)で、参加企業の研究者、本学研究者・大学院生などで、研究報告・検討会の実施していきます。